Hatena::Groupangelos

Angelos in Action RSSフィード

Fork me on GitHub
 | 

2009-01-22

Angelosが参考にしているフレームワークやモジュール

03:09 | Angelosが参考にしているフレームワークやモジュール - Angelos in Action を含むブックマーク はてなブックマーク - Angelosが参考にしているフレームワークやモジュール - Angelos in Action Angelosが参考にしているフレームワークやモジュール - Angelos in Action のブックマークコメント

Angelosを作る上で、かなり多くのフレームワークのコードを参考にしています。

を参考にしています。

それぞれのWAFとモジュールから、具体的には以下のようにいいところを取り込んでいます。

  • WAFコア部分
    • コア
    • 拡張
      • プラグインの機構は、Devel::REPL
      • Pluginのフックポイントは、Sledge, Catalystから
      • Controllerの仕組み(filterやクラス構成など)はMerb
        • Merbには全体的にかなり強い影響をうけています。
      • Middlewareは、Rack、App::Mobirc
  • その他
    • CLI用のスクリプトはJifty
      • App::CLIをApp::Cmdにおきかえて、App::CLIに不足しているところを追加で実装してます
    • Helperは、Module::Setup
      • Module::Setupベースにすることで、将来的に簡単にhelperが作れるようになります
    • 認証
      • まだないのですが、あまりどのフレームワークにも決定的なものはないなぁという印象です。中ではCatalystが一番よくできています。それとMerbのRouteに対する認証機構はとてもいいので、あれを組み込むのが一つの理想型なのかなと思っています。

このうえで、

  • CLI、JobQueue、Webからモデル、Config、Logger、I18の仕組みを共有できる環境を提供する
    • これについては、他のフレームワークでもそんなに考えられていないという印象です。
  • 小メモリ、高速

というWAFを作りたいなと思っています。

# この1ヶ月で夜帰ってきてからの1-2時間と週末の時間を使って、ざっくりWAFを作ってみたのですが、全体的にはいいものになってきてるかなという印象です。気長にやっていきたいですね。

 |