Hatena::Groupangelos

Angelos in Action RSSフィード

Fork me on GitHub
 | 

2009-03-08

CatalystのRoutingの良い点/悪い点

03:47 | CatalystのRoutingの良い点/悪い点 - Angelos in Action を含むブックマーク はてなブックマーク - CatalystのRoutingの良い点/悪い点 - Angelos in Action CatalystのRoutingの良い点/悪い点 - Angelos in Action のブックマークコメント

CatalystのRoutingの良い点は、

  • Routing情報をrouting情報とcontrollerに分離させずにDRYにかけるという点が優れています。
    • URLとControllerをマッピングする情報が、Controllerにかかれているため、必要となる情報の距離が近いという点で、記述漏れとミスが減るという点が素晴らしいです

一方悪い点は、以下の通りです。

  • Routing情報の一覧性にかけ
  • Routingを変更するのにControllerを書き換える必要があり
  • Routing方法を変えにくい

Railsmerbでは、Routing情報とControllerを分離しているのですが、それによるマッピングミスの問題はscaffoldでカバーしています。

個人的には、

  • Routing情報とControllerを分離することのメリットがある
  • Routing情報のデフォルトの方法として、RESTfulなRoutingができるようにしたい

と思っているので、angelosではかなりRailsよりの仕組みを採用しています。

Routing部分は、WAF毎にデザインの仕方が異なるデザインポイントの一つなのではないかと思っているので、これについては他のWAFのこんなのがいいよ!という意見があれば、是非きいてみたいですね。

最近少し思うのは、CatalystのChainedの記述方式に問題があるだけで、あの記述方式をおきかえれば、ControllerにRouting情報をかくという解もありなのかもしれないなぁと少し思う今日この頃です。

# 一応補足しておくと、CatalystではCatalyst::Controller::Resorucesを使う事で、Chainedカオスを避ける事はできます。

 |