Hatena::Groupangelos

Angelos in Action RSSフィード

Fork me on GitHub
 | 

2009-03-09

RailsのRouting方法の良さはRESTfulなルールを作ったところにあり

23:10 | RailsのRouting方法の良さはRESTfulなルールを作ったところにあり - Angelos in Action を含むブックマーク はてなブックマーク - RailsのRouting方法の良さはRESTfulなルールを作ったところにあり - Angelos in Action RailsのRouting方法の良さはRESTfulなルールを作ったところにあり - Angelos in Action のブックマークコメント

先ほどのエントリでは書かなかったのですが、RailsのRoutingの偉大なもうひとつの点は、RESTfulなRoutingを綺麗にControllerのメソッドにマッピングするルールを作ったことにあるのではないかと思っています。

Catalystで作っていると、みんなそれぞれバラバラな作り方だと思うんですよね。人によっては、GETとPOSTがメソッド内で混在してたりとか。

Railsだとshow, listなど、HTTPメソッドに応じて、わかりやすい直感的なメソッド名をつけて、RESTfulマッピングを行えるようにしたというのは素晴らしいことだなぁと思っています。こうして、フレームワーク側である程度のルーティング情報の規約をきめて、ルーティング情報の書き方に一定のマッピングルールをつくることでルーティングの一貫性を保てる仕組みを用意したというのが本当に素晴らしいです。

Railsは実装はさておき、全体のバランス感覚は本当に素晴らしいですね。他のフレームワークと比較して頭一つ抜きん出ている気はします。

 |